The latest topic


トラディショナルタングルはとてもリラックス出来て楽しいです!
好きなタングルをペンでどんどん描いて鉛筆で影をつけるだけです。
にぎやかな感じになりました。
描いたタングルは…
お花のような”Esher” 
牡蠣の殻?のような”oysteroid”
タコの足? “Octoleg”
帽子をかぶったような”rixty”
クルリンとした”Floo”
隙間は塗りつぶしたり、小さな丸を入れたりして(^^)!
のんびり描くのも良いですね!
ブラックタイルは中々描く事がなくて…
何か面白そうな事が出来ないかな〜って考えていたら…YouTubeでシャボン玉を描いている動画を見つけました!
凄くリアルで綺麗だったのでトライしてみました…

周りにはポークリーフだけを描いてみました…!
初めてシャボン玉を描いたんですが、とても面白いです!
今日でPP06のビデオ配信が終わってしまい名残惜しいですね…!
私も何とかフィニッシュ!
毎回、今日はどんな事するのかな〜ってワクワクしている自分がいます…
そして、出来るだけ提案してくれている内容を大事に描いています。
ゼンタングルは誰でも簡単に描ける素晴らしいメソット!

毎日配信されるビデオもとても基本に忠実にわかりやすく説明してくれていますね!

本当に素晴らしいですね!
今回のプロジェクトパックも描く時間を大事に楽しませていただきました😊❣️


いよいよ今日で終わりですね…
最後はエンベディッドレターズ!
Loveを飾ると言うテーマ!
最終日にふさわしい言葉ですね!
エンベディッドレターズは文字やキャラクターを飾るテクニックです。色々な国の違う言葉を飾るのも面白いですね!
文字のまわりをオーラで囲みFescu(フェスキュー)のようなものを自分のフィーリングで最初のオーラの線のまわりに描き、角張った所はラウンディンクしてオーラ、ラウンディング、オーラと繰り返していきます。
シェーディングも文字のまわりにハイライトを入れる事でグレーペンを使ったような効果も出されていましたね!
とても素晴らしいですね!
最後にday1からの作品や色々な作品を見せて下さいました。
どれも素敵でうっとり…!
思いがけない発想の転換から色々な事が出来る
”No mistakes “
ゼンタングルの奥深さを改めて感じる事が出来た8日間の旅でした!
また次回のプロジェクトパックも楽しみです!
今日はリックとマリアがIndyrella(インディレラ)を描いてくれていますね!
このタングルはモーリーが作り、娘さんの名前を付けた可愛らしい小さなお魚のようなタングルです。
ドットから始まってオーラを描いていくとてもシンプルでエレガントなタングルでオーラの間隔を均等にゆっくり丁寧に描く事で瞑想の効果もあります。
シェーディングする事でとても美しい立体的な形になり動きを感じさせてくれますね…!
沢山描くと魚の群れのように見えてきます。
やっとday5とday6を描き終わりました…!
ここにIndyrellaを入れようか…?
それとも違うページに描こうか…?
また明日にしようと思います…

今日はマリアがジグザグラインとエレメンタルストロークの直線を使って出来ている”ING”の三角の中と周りをPrintempsで面白くアレンジしてくれていますね!
ING(イングorアイエヌジー)は2014年の#14,#15のCZTセミナーで新しいタングルとして紹介されました。
これは、フロリダのINGのキャンパスにあるアートインスタレーションからモリーが解体して作ったタングルです。モリーはマラソンを走るためにフロリダにいたときにこの写真を撮ったそうです。
ゼンタングルのタングルは本当に様々な周りにあるものからインスピレーションを受けて出来ているものが沢山ありますね!
今日も楽しそうなアイデアがいっぱいですね!
いよいよ残り半分となりましたね!
今日はジュリーがPrintempsに強調をつけた描き方とZentangleMosaic APPのT3で昨年マリアが紹介してくれたMookaを…
ジュリーはメルティングムーカと呼んでいましたね!
とてもシンプルなタングルを素敵にアレンジされていてとても参考になりますね!
私は、まだ時間が無くて…😉…
またゆっくり描いてみようと思います。
昨日のマンチンとパラドックスをシンプルに2日目のアルカスに繋げてみました。
今日はモーリーが彼女の思い出でのタングル、munchinとparadox...!
モーリーも初めてparadoxを描いた時、迷う事もあったんですね〜!そこから生まれたタングルmunchin...!
まさに”No mistakes “がもたらした奇跡ですね!
私もparadoxを初めて見た時こんな複雑なタングルは描く事が出来るのって思いました…^^;
その2つのタングルをシンプルに素敵に描いてくれましたね!
お盆の時期が重なって…忙しいくなってしまってプロジェクトパックを楽しむ時間がなかなか作れないでいます。
これは、昨日のマーサが提案してくれパールのチェーンをストリングにしてFluxのスパイラルとpokerootとcrescentmoonで装飾…
いつもプロジェクトパックでは誰でも簡単にトライ出来るような内容を提案して下さっていますね!
楽しむ時間を与えてくれて本当に嬉しいですね!
自分のペースでシンプルにゆっくり描くのも良いと思います。
中々時間が取れずにいる方もごマイペースで楽しんで下さいね!
私も描ける時間を楽しもうと思います!
今日はマーサが面白いアイデアを…
ウエーブのようなストリング線の代わりにパール(小さな丸)を繋げて描き、区切られた中にFluxとCrescentmoonを描いてくれています!
とても素敵ですね!
確かにセクション分けされた中に描くと描きやすいかもしれませんね…!
今日は、用があって出掛けていたのでインク滲みを少し多めにしようかとインクをこぼしてみました。
ちょっと変な形になっちゃいましたが…💦
描くのは明日にしようかな…😅
プロジェクトパック06、2日目はリックがArukasを描いて下さっています。
リックはとてもゆっくり丁寧に美しいラインを…!
黒の08ペンを使ってサークルの部分のオーラが白い線と黒い線が交互になるように間隔も均等にして少しずつずらしながら美しく描かれていますね!
素晴らしい!
ところが…ビデオをちゃんと見て聞いていたつもりが…
Arukasを描くのとリックのシェーディングの仕方がユニークだったのでそこに気を取られて何も考えず描いていたら黒と白が逆転してしまっています😅
なんか…⁇
なので、Arukasが白黒にくっきり分かれてしまいました…
しかもちょっとサークル部分のオーラの間隔が広い
…💦
ビデオを見直ししたらちゃんとリックは白い線と黒い線で描いたとは感じさせない均等な白黒の色彩のArukasになっていますよね!
しかも、リックはちゃんと説明してくれているのに…トホホです…
まー”No Mistakes “ですからこれも良しと言う事に…😅
これは昨日の1日目に描いたものです…
昨日はマリアがMookaとCrescentmoonを…
CrescentmoonをMookaの両サイドに描きながら、マリアがこれだとFull moonだねなんて言いながら…
そしてMookaをSpringkleにしてしまうところも面白かったですね!

今回のミニジャーナルはインク滲みのつき方が違う3種類のジャーナルがあるそうで、好きなページに描けて同じ課題でもみなさん全く感じが変わっていて面白いですね!
ちなみに私のはインク滲みが少なめのジャーナルでした…
明日はどんな事をするのか楽しみですね!
日本では今日の早朝にニュースレターとYouTubeで配信されましたね!
テーマは”No Mistakes “ “間違い無し”

『今回のミニジャーナルは劇的な出来事からインスピレーションを受けています。
Zentangle Methodの初期の頃、マリアはすべてのタングルの研究とメモを美しいジャーナルに書きとめていました。
マリアは友人とペンシルベニア州のカリグラフィー教室に行って、彼女が帰ろうとした時、誰かがマリアにレタリングを頼みました。彼女はペンとインクボトルをすばやくバッグに詰めて友人と一緒にマサチューセッツ州の家に車で帰りました。
マリアが家に帰ったとき、彼女はキャップをインクボトルに正しくねじ込んでいなかったことに気付きました。インクは、Zentangle Methodの始まりや多くの美しいタングルやアイデアを記録した貴重なジャーナルに溢れて、彼女のジャーナルの端は黒インクで浸っていました。その瞬間の後、ショックとアドレナリンの急上昇…リックは乾いてページがくっつく前に、各ページの間にペーパータオルをそっと置いてインクを吸収させました。
彼らは何ができるかを考えが決まるまで、翌朝までそのままおくことにしました。
マリアは次のように…「夜はいつも私に親切で、私に洞察、アイデア、快適さを与えてくれました。
午前中、新たな落ち着きと計画が生まれました!
焦点はひどい間違いから大きなチャンスに変わりました。
インクが乾くやいなや、ホワイトペンで描き始め、最も美しいタングル、レースのイメージ、各ページにあるタングルの続きを、そしていくつかのタングルを描いた。作品はそれ自身の人生を引き継いだ。」
このジャーナルは、マリアのこれまでで最も美しい作品の1つになりました。いわゆる「間違い」が起こらなければ作成されなかった複雑な傑作です。
この経験は、作成のこの視点をZentangle Methodと共有するという私たちの意図を強化しました。そして、伝説が生まれました。
私たちの芸術の旅に沿って私たちを導き、また私たちの日常生活にも通ずることを、私たち自身の実践の中で、そして世界中の他の多くのZentangleアーティストから学びました
このジャーナルは、「間違いなし」の哲学に敬意を表して作成されました。つまり、予期しないまたは望ましくないことが発生した場合でも、その時に一筆ずつで創造的に対応することができます。
 この本のページをあなたのマークでいっぱいにして、それぞれの美しさを取り入れ、各ページの滲みにインクを入れる事で、いわゆる「間違い」があなたを友好的な所へ連れて行ってくれます。』

と言ったような事が書かれたものがPP06に同封されていました。(翻訳の内容は完璧でないと思いますが…;;;;;)

イントロダクションのビデオで見せて下さったこの素敵な赤いジャーナルの事たったんですね…
ビデオの中でもマリアがこうなったいきさつをお話して下さっていましたね!
素晴らしい発想の転換ですね!“No Mistakes” 
私もこの小さなジャーナルを少しずつゆっくり楽しみたいと思います…!

【 現在募集中のワークショップはこちらから...】


ゼンタングルは単に絵を描くのとは全く違う感覚…

絵と言っても多様ですが...ゼンタングルは描いている時間を楽しみながらリラックスし、そして出来上がった作品から自分でも信じられない事が起る事に気がつかせてくれる素晴らしいメソット…

私もゼンタングルに出会う前は日々描いている自分を想像も出来ませんでした…
学生時代、美術の時間は好きでしたが、その頃とは全く違う感覚です!
描かされるのではなく、描きたいに変わりました!

パターンを使って描くという発想…しかも描き順がある!間違いも無い!

本当に目からウロコ…
ゼンタングルの奥深さを知れば知る程、追求したくなるんです。

絵は好きだけど…描くのは苦手だし出来ないとか思いがちでトライしようとしないかもしれません…
でもゼンタングルと出会ってから思うことは…
その瞬間を大切に…自由に描く事を楽しむ!

時には、他の方の作品を鑑賞したり一緒に描いたりしながら共有し合いお互いの感性を高めていく…

そこから何かを感じることも経験値となってプラスされ、新たな作品に反映されるのではないかと思います。

そして、リラックスして心地よい時間を持てることが1番だと気づかせてくれます…!